【インタビュー後編】『わたしを束ねないで』【恵美さん】

インタビュー

本記事は後編です。前編の「【インタビュー前編】「あなたの字は絶滅危惧種なんだよ!」【恵美さん】」 を先にお読みいただくと、さらにお楽しみいただけますよ!

「その人の字そのものが、そのまま向上する」指導をモットーにされている恵美さん

今回はそんな恵美さんに

  • 指導の参考にしている本
  • 指導哲学に影響を与えた作品
  • 今後挑戦したいこと

を伺いました!

書道・硯・教育・恵美さんファン、全員必読です!!

恵美さんのイベントにお邪魔しました!ぜひ!!
【体験レポート】初めて書道の先生に習ったよ!

恵美さん基本情報

恵美さんご提供

「私基準ではなく、『五體字類』基準で教えています」

ー「【インタビュー前編】「あなたの字は絶滅危惧種なんだよ!」【恵美さん】」では、お教室での指導時に意識されている点を伺いました。今回は最初に、指導の参考にしている本を教えてください。

恵美さんご提供
恵美さんご提供

『五體字類』と『かな字典』

はい。まずは『五體字類(ごたいじるい)』ですね。篆隷草行楷それぞれの書体における基本的な字を、中国の古典から集めた(集字した)本なんですよ。中を見てもらうとわかる通り、同じ書体でも出典によって崩し方が異なるんです。

恵美さんご提供

ーここだけでも、一つの作品を見ているようでワクワクしますね!

さらに、それぞれの字の下に漢字が1字書かれているのが分かりますか?

ー「右」とか「子」とかですか?

そうです!これは、その字を書いた人物を表す記号なんですよ。作品を制作する時は統一感を出すために、同じ人が書いた字を集めることが多いのです。その際、この記号が重宝するんですよ。

ーなるほど!では作品の1字だけ、別人が書いた字を引いてくる作品もあるのでしょうか?

敢えて1字だけ別人の字を引くことは可能です。ですがそれがバレると興ざめなので、全体のバランスを崩さずに書くだけの卓越した技術力が必要になってきます!

ーそういった点も、作品鑑賞の一つの視点になりそうですね!『五體字類』はどういった使い方をするのでしょうか?

私自身が作品を制作する時に、確認のために参照します。それにお教室でも、アプリ版をたびたび参照していますよ。

どういった時に読むんですか?

「この崩し方って許容されるんだっけ?」と、疑問に思った時です。私が許容されないと思っていた崩し方が、『五體字類』には載っている場合もありますので。

ーなるほど。曖昧にごまかしたりせず、疑問があればその都度チェックしているんですね。

そうです。誤った情報を教えたくないですからね!私基準ではなく、『五體字類』基準で教えることで、偏らない字の指導を目指しています!そして、よく使う参考書の2冊目は、『かな字典』です。これは『五體字類』の平仮名版になります。

『書写・書道用語辞典』

恵美さんご提供

指導のために使う参考書の3冊目は、『書写・書道用語辞典』。これは書名の通り、用語辞典ですね。

この本はどういった時に開くんですか?

特定のタイミングというよりも、時間がある時に何度も見返しています。書道用語に関して、絶対に間違った使い方をしてはいけないと考えているので。といっても、別に生徒さんに難しい用語をたくさん使っているわけではないですよ。

『書写・書道用語辞典』を何度もチェックする理由には、書道家同士で話し合う時に備えている側面もあります。書道のことを正しく人と話し合うためには、主観がない用語を使うべきなので。書道家さんによって用語の解釈が違っていたら、お互いに伝えたいことが十分に伝わらないと考えますので。

では恵美さんが使っている用語集が、書道家さんの間では定番なのでしょうか?

使いやすかったから選んだ本なので、定番かどうかはわかりません。たしかに用語集によって、解釈が異なる場合がありますよね。どうしても解釈を揃える必要がある場合は、最終的には学校で使っている教科書に準拠するようにしています。お教室の卒業生や近所の子どもが、書写の教科書を結構寄贈してくれるんですよ笑

用語を厳密に使おうとする、恵美さんの心がけがよく分かりました。そのような心がけを意識し始めたきっかけがあるのでしょうか?

私の先生は私が子どもの頃、書道用語を山ほど使って教えてくれていたんです。そこで先生の言っていることを理解したくて用語を勉強したら、一気にご指導の内容がわかるようになりまして。この経験から、1つのことを完全に誤差なく伝えるには「同じ感覚の同じ用語」を使うしかないと思うようになりました。

『わたしを束ねないで』

新川和江(1997)『わたしを束ねないで』

他にも指導の参考にしている本はありますか?

私の好きな詩に、※新川和江(しんかわ かずえ)さんの「わたしを束ねないで」がありまして。この詩を心に留めながら生徒さんに接しています。

新川和江(1929年4月22日-)

茨城県結城市出身。県立結城高等女学校(のちの茨城県立結城第二高等学校)卒業。小学校のころより野口雨情などの童謡に親しみ、定型詩などを作る文学少女だった。女学校在学中、近くに疎開してきた詩人の西條八十に詩の手ほどきを受けた。
(略)
2001年(平成13年)3月、結城市名誉市民表彰を受け、2004年(平成16年)5月に開館したゆうき図書館の名誉館長に就任した。(出典:Wikipedia

代表作:『わたしを束ねないで』、『新川和江詩集』(ハルキ文庫)、『新川和江詩集』(現代詩文庫 第 1期64)、他多数。

どういった詩なのでしょうか?

「わたしを束ねないで / あらせいとうの花のように…」(と、詩の一部をスラスラと暗誦して)という詩です。この詩の最後の方の、「わたしを区切らないで(略)こまめにけりをつけないでください」ってところが凄く大事だと思っていて。他人を区切らないこと。そして決めつけないことが大切なんだと。私自身もそんな風に生きたいし、生徒さんにもそういう風であってほしいといつも願っています。

もっと詳しく聞きたいです!

例えば生徒さんに対して「あなたには、こういう癖があるよ」みたいに決めつけない。そして「みんなができるのに、あなただけできていないよ」とも絶対に言わない。今この瞬間にそうかもしれないだけで、1秒後には違っているかもしれないから。私の型で区切られるのではなく、「あなたの好きなように好きな字を書いて、羽ばたかないといけないよ」と思いながら、生徒さんには常に接しています。もちろんこれからも、そういう風に接し続けるつもりです。

ーお話をうかがっていると、恵美さんの生き方全般に通底する哲学のように感じました!

詩の話を人にするのって、恥ずかしいね(〃ω〃)

イヤフォーンで金八を

そうそう。お教室とは直接関係ないんですけど、金八先生が大好きで。高校時代は毎朝、※金八先生をイヤホンで聴きながら登校してたんですよ。

3年B組金八先生

1979年(昭和54年)から2011年(平成23年)までの32年間にわたって、TBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ。日本の学園ドラマの金字塔と称される作品である。(出典:Wikipedia)

恵美さんイチオシの第4シリーズの放送日は、1995年10月12日 – 1996年3月28日。

姉妹作品に『1年B組新八先生』(主演:岸田智史)、『2年B組仙八先生』(主演:さとう宗幸)、『3年B組貫八先生』(主演:川谷拓三)があることからも、金八先生が如何に人気を博していたかがうかがえる。

ちなみに、ジェリーわたなべが継続して観ていた学園ドラマは『家なき子』『家なき子2』『六番目の小夜子』である。

金八先生の何を聴いてたんですか?

テレビ放送から、授業の部分だけを切り取って聴いてました。金八先生は、「私の自由はあなたを不自由にさせません。それが鉄則です」とか、結構良いことを言うんですよ。他の先生の授業もなかなか感動的です。ジェリーさんは第何シーズンがお好きですか?

ーすみません。金八先生を全く観たことがなくて…。

そんなっ?!(絶句)

私、このドラマがずっとずっっっっっっっっっっっっっっと大好きで。一番好きなシーズンは、文句無しで第4シーズンですね!金八先生が好きだったのには、現実の授業がつまらなかったという側面もあったと思います。例えば数学の授業一つとっても、まどろっこしいじゃないですか。似たような例題をいくつも解いて、一人ひとりに答えさせて。

ーたしかに、そういう側面はあるかもしれませんね。

だから私は一番難しいAクラスにいたんですけど、数学の先生に反抗してました。そしたら先生が「そんな不真面目な態度だったら、一番下のCクラスに絶対に落ちるぞ」みたいに挑発してきて。

ーぐはは!そりゃあ不真面目にしてたら、先生も注意しますよ(笑)

でね!当時は私も気が強かったから、「面白いじゃない!じゃあもしも、あたいが最後までAクラスに残ったら、ジュースおごってよね!」って受けて立ったのさ!!

ーキャラ変わってますよ!ちなみに、結果はどうだったんですか?

もちろん、Aクラスにずっといましたよ。そして約束通りジュースをゴクリ。ジュースなんかじゃなくて、もっと豪華なご褒美をお願いすれば良かった!

ーがはは!恵美さんは、その頃から元気ハツラツなんですね!!

「常に先生の右を歩きなさい」

著書『書くと心が洗われる 美文字レッスン帳』KADOKAWA


ー話が逸れましたが、恵美さんが書道教室の生徒さんに言われて嬉しかった言葉ってありますか?

特定の誰かに言われたわけではないですが、「ここの教室に通い始めて、字を褒められたんです」って言葉ですね。職場でメモを書いたり、年賀状の宛名をご自身で書かれた時に、お相手から言っていただいたそうなんです。「自分以外の人に生徒さんの努力を気づいてもらえて、本当に良かったーっ!」って思いますね。

ー生徒さんの努力が教室外でも認められて、嬉しいですね!

そう。でもね。だからこそ、今一番怖いのは、右手を失うことなの。以前、先生と外出した時に姉弟子に、「あなたは先生の右側を常に歩かないといけないんですよ」って言われたんです。

それは、先生が字を書く側だから?

そう。「先生の右手には、先生だけじゃなくて、全ての弟子の責任がかかっているの。だから、常に先生の右を歩きなさい」って。そのことを聞いてから、「あぁ、そうかあ。私の右手が無くなったらすべてが終わるんだなぁ」って思うようになって。

今でも夜になると、「起きた時に、右手が動かなかったらどうしよう」って時々怖くなるのです…。

「不思議ね。女学生に戻ったみたい」


ー先日、「老人ホームとか区の施設とかで、お年寄りの方々に書道を教えること」が目標とおっしゃっていましたが、どのような思いがあったのでしょうか?

1つ目は、お年寄りの方々に喜んでいただきたい、という思いです。今まで幅広い年代の方に指導させていただいた経験の中で、一番教えのが難しかったけど、一番喜んでくださったのがご年配の方だったんですよ。

前回、「85歳の方が教室に通われている」とお話しましたね。

ーはい。

その方はお孫さんに紹介されていらっしゃたんですけど、指導が終わると「不思議ね。字を書いている間に、褒めてもらったり、注意してもらったりして、女学生に戻ったみたい。心が凄く若くなったわ」って、とても喜んでくださったんです。私の手をギュッと握ってね。

ーそんなに喜んでくださった!

そうなんです。だけど誰もがご年配の方の先生になれるわけではないと思います。

どうしてですか?

先生と呼ばれる人は、生徒さんから尊敬されるべきだと思うから。だから高齢になればなるほど、尊敬できる人が自然と少なくなってくるのではないでしょうか。私のお教室の生徒さんも、「先生と呼べる人が、この年令で現れるのは素晴らしいことだわ」とおっしゃってましたし。

「お年寄りの方々に書道を教えること」に対する思いは、他にもありますか?

若い生徒さんに「自分ももっと学ぼう」と感じてほしいことです。お年寄りの生徒さんに「先生」って呼ばれるためには、尊敬していただくためには、私自身も更に勉強と練習を積む必要があります。そうやって研鑽に励んでいる私の姿や、高齢になっても学ぶことを楽しんでいる生徒さんの姿を見て、若い世代の方にも「先生だって頑張っている。それに、自分よりも人生経験が豊富な人だって楽しんでいる。じゃあ、自分もまだまだ学ぼう」と思ってほしいですね。

「知るきっかけになりたい」

王羲之って凄い!『地球が書けと言っている』

他に今後取り組みたいことがあれば、教えていただけますか?

みなさんにとっての「知るきっかけ」になりたい、と考えています。

ーどういうことですか?

みなさんが新しいことを学び始める、きっかけになる発信をしたいということです。例えば「恵美さんの発信を見て、字を練習しようと一念発起しました!」みたいに言っていただけたら、素敵ですね。

どうして、そのような発信をしたいのですか?

無知であることって、嫌いや無関心につながると思うんです。反対に「知る」ことから生まれる、対象に対する「好き」は最強の感情だと思っていて。情報が氾濫して「知る」ことが大変になっている現代だからこそ、「知る」ことから逃げてはいけないと思うんです。逃げないで「知る」ことを通して、どんどん「好き」という感情をみなさんに持ってもらいたい。そして私が、そのきっかけになりたいのです。

それはみなさんに、書道を好きになって欲しいということですか?

いえ。知ってもらいたいのは、書道のことでなくても良いのです。私は書道がたまたま得意だっただけで、好きになる対象は問わないんですよ。字を練習していたら、字そのものに興味を持って、中国の研究者とかになっても構わないです。

ー書道以外のことでも良いから、「知る」という行為自体をみんなにオススメしたいと。

そうなんです。だから「知るきっかけ」となる発信をするのは、苦手だけど、一番やりたいことなんですよ。

ーえっ!?恵美さんって、発信が苦手なんですか?SNSのフォロワーさんもたくさんいるし、こんなに喋るのが巧いのに?

闇に向かって発信できない

平仮名に詳しくなろう!『地球が書けと言っている<第二巻>』

私ね。闇に向かって発信できないです。目の前にいて、自分に興味を持ってくれている人になら話せるんですよ。でも興味があるかわからない、不特定多数の人に向けて発信することができなくて。だから、いままで自分を知らなかった人に興味を持ってもらえるコンテンツを、本当はもっとバリバリ発信していきたいのです。でも、理想と現実が違っていてね。

発信に対する苦手意識って、元々持っていたんですか?

そんなことはないです。幼い頃からずっと、人見知りしませんでしたから。でも、大学卒業直前に急に体調を崩してしまって。2年間寝たきりみたいになったことがあるんです。その時は握力が入らなくなってしまったので、手に筆を縛り付けて字を書いていました。

ーそんな大変な過去があったんですね…。

さっきお話した「起きた時に、右手が動かなかったらどうしよう」ってのも、この時の苦い経験が思い出されるからなのです。身体が動かくなっただけじゃなくて、実は性格も変わりました。急に人見知りになったんです。

差し障りなければ、そのあたりの事情をお話していただけますか?

体調不良の原因が、最初はわからなくて。それで自分の辛さをどんなにお医者さんに説明しても、わかってもらえず。「自分の言っていることが、こんなにも信じてもらえないのか」って、トラウマになってしまったからなのです。

じゃあ、恵美さんが考える「理想の自分」ってのは…

そう。昔の自分に戻りたい。「体調を崩す前の自分のように、積極的に発信したい。でも、できるかなぁ」って、ずっと逡巡しています。でもね。私は「知ること」や「学ぶこと」が大好きなんです。新しいことを知るって、楽しいですもん!知ったらその対象も好きになれるし。だから、みなさんの「知るきっかけ」になれる発信を、これからも挫けずに目指していきます!

ー応援してますよ!そういえば、2021年3月27日と28日に開催される「マニアフェスタVol.5 大阪」では、大阪会場に出展されると聞きました。(このイベントは既に終了しています。2021年7月31日追記)

はい!2日間、硯マニアとして出展します。新商品を携えて、みなさんの「知るきっかけ」になれるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします!初めて大阪に行くので、少し緊張してますが(汗)ジェリーさんも参加されるんでしょ?

ーはい!僕は「謎フード公安委員会」のメンバーとして、両日ともオンライン会場で参加させていただきます。28日の夜からは、僕が主催する「2020年度謎フード大賞」というイベントもありますよ!

楽しみ!お互い頑張りましょう!

ーそうしましょう!本日はありがとうございました!!

ありがとうございました!!

↓謎フード大賞の動画です。恵美さんがタイトルを書いてくださいました。(2021年7月31日追記)

【謎フード公安委員会】2020年度謎フード大賞

もっと知りたい人へ(外部リンク)

「もっと字について知りたいよーっ」という皆さんへ。恵美さんのブログおよびTwitterへのリンクをご紹介します。それぞれのページを覗いて、ぜひ学びを深めてくださいね!!

なお、恵美さんが講師をされている通信講座およびお教室のお問い合わせは、メール( emiemi88888888@gmail.com )にてお願いします 。お月謝についても、お気軽にお尋ね下さいね。

平仮名について

「全てのひらがなはひらがなに通ず」

カタカナについて

「まずはカタカナだ、話はそれからだ。」

字の書き方について(1日1ポイント)

Jerry’s Final Thought

恵美さんご提供

今回のインタビューの準備として、恵美さんのポッドキャストやブログ記事等を大量にリサーチしました。ですがインタビューを始めると興味深い話がマダマダ際限なく出てきて、息をつく間もなかったです!

「知ることや学ぶことが大好き」という言葉を、体現しているかのような恵美さん。彼女のことを知れば知るほど新たな魅力に触れられて、良質な映画を観ているかのような楽しい時間を過ごさせていただきました。

恵美さんのイベントにお邪魔しました!ぜひ!!
【体験レポート】初めて書道の先生に習ったよ!


コメント

  1. […] 後編も完成しました!ぜひ!!「【インタビュー後編】『わたしを束ねないで』【恵美さん】」 […]

  2. […] ・【インタビュー前編】「あなたの字は絶滅危惧種なんだよ!」【恵美さん】 ・【インタビュー後編】『わたしを束ねないで』【恵美さん】 […]

タイトルとURLをコピーしました