【留学準備中の人も】英語で教養を身につけるなら”Crash Course”を観よう

自己啓発の棚

毎度お騒がせしています。ジェリーわたなべでございます。

「英語圏の大学へ留学を計画している」
「英語で教養を身に着けたい」
「とにかく好奇心を満たしたい」

という人に向けて、”Crash Course”(クラッシュコース。以下CC)という無料のYouTubeチャンネルを紹介します。

このチャンネルは1本10分程度の動画を通して、大学の教養課程レベルの知識が身につくように設計されています。

僕も10年以上前からお世話になっています。

各コースへのリンクも貼ってありますので、気になるものからチェックしてみてくださいね。

最後には僕がオススメするコースについても、執筆しました。

CCとは何か?

https://thecrashcourse.com/

“Crash Course”とは、ジョンとハンクのグリーン兄弟が2006年に立ち上げたyoutubeチャンネルです。※ちなみに「crash course」とは「速習コース」を意味する英語です。

このチャンネルには1,200本以上の動画がアップされ、全世界で1040万人以上が登録しています。チャンネル全体で、のべ12億回以上視聴されているマンモスコンテンツです(2020/03/05現在)。

CCのyoutubeチャンネルはこちら

CCには2020年3月現在、30以上のコースが設定されています。

各コースは10~50個前後の、10分程度の動画で構成されています。

コースの内容は理系から文系まで非常に幅広く扱っています。例えばヨーロッパ史やアメリカの政治システム、物理学、哲学から起業等のコースがあります。

大学教養課程に相当するこれらを、すべて無料で学べるんです!

すごく充実しているにも関わらず、日本にはほとんど紹介されていません。モッタイナイ!!

言語について

https://www.youtube.com/user/crashcourse

ここまで紹介しておいてなんですが、残念ながらCCにはある程度の英語力(リスニング・リーディング)が求められます。

ほとんどの動画には、日本語字幕が付いていません(中国語やスペイン語等は充実しているのですが…)。しかも英語ネイティブ向けのレクチャーなので、講師の話すスピードが速く、専門用語もたくさん使用されています。また中には、発音にクセのある講師もいたりします。

ただしそこはyoutube。再生スピードをゆっくりにできますし、英語字幕がすべての動画についています。さらに重要単語はテロップが出るので、適宜動画を止めて意味の確認もできますよ。

なので英語力にあまり自信が無い人でも、まずは興味のある動画を1つクリックしてみてください。

CCで学べる6系統

Wikipediaの「Crash Course (YouTube)」を参考にしつつ、独自に分類しました。

青くなっている原題をクリックすると、第1回の動画へ飛べます。

自然科学系

原題 日本語名 メモ
Artificial Intelligence 人工知能
Physics 物理学
Chemistry 化学
Biology 生物学
Ecology 生態学
Anatomy & Physiology 解剖学・生理学
Astronomy 天文学
Computer Science コンピューター・サイエンス
Psychology 心理学
History of Science 科学史
Big History 1-2 ビッグバンから近未来までの地球史 日本語字幕有り
Engineering 工学

人文科学系

原題 日本語名 メモ
English Literature 1-4 英文学
World History 1-2 世界史
U.S. History アメリカ史
European History ヨーロッパ史
World Mythology 世界の神話
Philosophy 哲学

社会科学系

原題 日本語名 メモ
Sociology 社会学
U.S. Government and Politics アメリカ政府と政治
Economics 経済学

芸術系

原題 日本語名 メモ
Film History 映画史
Film Production 映画製作
Film Criticism 映画批評 映画だけで3つもコースがあって最高!!
Theater & Drama 演劇
Games ゲーム

ビジネス系

原題 日本語名 メモ
Intellectual Property 知的財産
Business: Soft Skills ビジネスの基礎スキル
Business: Entrepreneurship 起業
Study Skills 学ぶ技術
Statistics 統計学

現代社会系

原題 日本語名 メモ
Media Literacy メディア・リテラシー
Navigating Digital Information 情報の海を生きる

タイプ別おすすめコース

コースがたくさんあって、目移りしてしまったかもしれません。僕自身、この記事を書いているだけだ、いろんなコースをじっくり観たくなっています。

最初は興味を持ったコースから観るのが一番だと思います。

それでも、決めあぐねている人向けに僕なりのオススメコースを紹介します。

留学準備中の人

留学中に学ぶ科目及び、「Study Skills」が良いと思います。海外の授業の進め方は日本とは異なります。このコースでは「本を読んでくる宿題対策」や「ノートのとり方」も学べます。留学先での授業対策に最適です。

もしもアメリカに留学に行くのであれば、「U.S. Government and Politics」もオススメです。現在アメリカ大統領選挙中ですので、留学先で政治に関する話題が上る機会も多いでしょう。

社会人として働いている人

普段のお仕事で関係がありそうなコースに加えて、「Business: Soft Skills」がオススメ。効果的なプレゼン方法や交渉術の基礎を学べます。

また、一見すると大学生向けですが「Study Skills」も学びが多いと思います。このコースの中の「集中する方法」や「先延ばしを防止する方法」は、社会人にも有効のはずです。

そして今後独立やフリーランスとして働く計画がある人は、「Business: Entrepreneurship」も観ておくと良いと思います。

講師のAnna Akana氏は、若くして米国でインフルエンサーや歌手、俳優として大活躍している人物。「顧客を誰に設定するか」や「どうやってPR活動するか」「有益なフィードバックのもらい方」について学べます。

Anna Akana( 1989-)

まずはCCを楽しみたい人

「とりあえず、CCがどういったものなのかを知りたい」という人は、ぜひ日本語字幕がある「Big History」から始めてみてはどうでしょうか。きっと「もっと知りたい!」「他の動画も観てみたい!」「英語で理解したい!」と思えますよ。

実は、CCには”Crash Course Kids“という、姉妹シリーズがあります。内容は自然科学に限られますが、まずは易しい英語から始めたい人にぴったりです。

https://www.youtube.com/user/crashcoursekids/playlists

Jerry’s Final Thoughts

“Crash Course”(CC) は無料で大学教養課程の知識を学べる、無料のyoutubeチャンネルです。理系から文系まで非常に幅広いコースをカバーしています。今後もコースをさらに充実させる予定だそうです。

留学準備はもちろん、教養を深めるため、仕事に応用するため、英語学習のモチベーション維持のためぜひ活用してみてください。

SNSやってます

最後までお読みいただきありがとうございました。Twitterでは、サイレント映画や英語学習についてつぶやいています。

チェックしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

コメント

  1. […] […]

  2. […] 先日「【留学準備中の人も】英語で教養を身につけるなら”Crash Course”がオススメです 」という記事を書きました。 […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました