『キートンの囚人13号』で前向き人生

映画の棚

「将来が不安だ」
「自分の居場所を見つけられない」
そういった人に向けて

今回は『キートンの囚人13号(原題:convict 13)』を紹介します。

運命に翻弄されながらも、前向きに頑張る主人公の姿を見れば、ポジティブな気持ちにきっとなるはず!

『キートンの囚人13号』で前向き人生

『convict 13』(『ゴルフ狂の夢』『キートンの囚人13号』)は、バスター・キートンが手掛けた2作目の短編である。冒頭のゴルフのシーンから、後半まさかの刑務所に入るという奇想天外なストーリーの作品。

監督:Buster Keaton and Eddie Cline
公開日:1920年10月27日
上映時間:20分

配役
Buster Keaton: 囚人13号
Sybil Seely: 刑務所長の娘
Joe Roberts: 暴動のリーダー
Eddie Cline: 死刑執行人
Joe Keaton: 囚人

あらすじ

友人と一緒にゴルフに興じるキートンさん。クラブを振れども振れども、なかなかボールに当たりません。たまたま当たったボールは小屋の壁に跳ね返って、キートンさんの脳天にドン。そこに脱獄してきた囚人が来て、服を交換してしまうのでした…

『キートンの囚人13号』のここを観て!

ジョー・キートン登場

この映画にはバスター・キートンの父親である、ジョー・キートン(Joe Keaton)が出演している。ジョー・キートンは足技が得意だったので、おそらく暴動開始時に刑務官を最初に蹴り飛ばした囚人がジョー・キートンだと思われる。

ここで、バスター・キートンの家族を紹介する。

  • 父:ジョー・キートン(Joe Keaton)
  • 母:マイラ・キートン(Myra Keaton)
  • 弟:ハリー・ジングルス・キートン(Harry “Jingles” Keaton)
  • 妹:ルイーズ・キートン(Louise Keaton)

チャップリンの兄シドニー・チャップリン同様、キートンの家族も時折映画で共演している。映画で有名になってから両親に映画の仕事を振ってあげるとは、孝行息子である。

ぐるぐるボール

映画のラスト近くでキートンが机の上で紐で結んだボールを振り回して囚人を倒すシーンがある。これはボードビル芸人だった頃に、父親のジョー・キートンと一緒にしていた芸である。

アカデミー主演女優賞受賞経験があるマリー・ドレスラー(Marie Dressler、1868年11月9日 – 1934年7月28日)は、ヴィードヴィルの芸を次のように回顧している。

(Buster would )stand on a table in back of his father twirling a basketball tied to the end of a rope, while his father was trying to shave himself with a straight razor. And that ball kept getting closer and closer, all the sudden, BANG!

http://www.busterkeaton.org/convict13

「バスターは父親の後ろのテーブルに立ち、ロープの端っこに結ばれたバスケットボールを振り回してたの。その時父親がしていることといったら、よく切れるカミソリでヒゲをそろうとしているわけ。ボールがぐるぐる回りながらどんどん近づいていって、突然、バン!」(訳:ジェリーわたなべ)

映像上で見るだけでも、かなりハラハラするこの芸。舞台上で見ていた人の中には、ドキドキしすぎて失神した人もいるのではないだろうか。

解説

英語や英語圏文化を勉強中の人でも楽しんでもらえるよう、ここでは字幕を解説する。なお出典が無い訳は、ジェリーわたなべ独自のものである。

字幕

Golf-the game that brings out the beast in men.

「ゴルフ。それは内なる獣を呼び覚ますゲームである。」

(逃げた先の車の中にいた人が、被っている帽子に)Warden

「刑務所長」
※guard: 一般の刑務官

You are to be hanged today.

「あんたは今日、絞首刑になる予定だよ」
※be to ~:予定、義務、運命、可能、(if節で)目的を表す。特に第三者の意志で決められているニュアンスを含む。今回は文脈から判断すると、予定・運命に近い意味に取った。

Sorry, boys. We’ll fix it and tomorrow we’ll hang two of you to make up for this.

「すまないね。絞首台をすぐに直しておく。お詫びとして君等の内の2人を、明日絞首刑にするよ。それで許してくれ。」
※make up for : 〔不足・損失などの〕埋め合わせ[穴埋め]をする

If you want to see who’s boss, just try me!

「どっちが偉いか確かめたければ、僕に挑戦してみろよ」
※see:〔~かどうか〕見てみる、確かめる、調べる
※try: ~を試練にさらす

映画を観てみる

『convict13』はパブリックドメインであり、インターネット上で誰でも観ることができる。

https://www.youtube.com/watch?v=kTv7imVb4YY

Jerry’s Final Thought

「人生は何が起こるか分からない」とは、よく言われる言葉。この映画の中でも、キートンはまっさく予期せぬままに、刑務所に入れられてしまう。しかも刑務所の中では、囚人になったかと思うと刑務官になり、さらには副所長にまで出世してしまう。

人生も同じかもしれない。予期せぬままに、色々な人に会い、様々な経験を積むことになる。そのような荒波の中でも、決して腐らずに前向きに行動しているキートンの姿勢は、時空を超えて観るものに勇気を与えてくれる。

★★★★

出典

  • Internet Movie DataBase( IMDB):画像
  • The International Buster Keaton Society:基本情報
  • ALC:訳語
  • YouTube:動画
  • バスター・キートン&チャールズ・サミュエルズ(1997)『バスター・キートン自伝‐わが素晴らしきドタバタ喜劇の世界‐』筑摩書房:基本情報
  • Wikipedia:基本情報
  • 江川泰一郎(1991)『英文法解説‐改訂三版‐』金子書房:英文法

最後までお読みいただき

最後までお読みいただきありがとうございました。Twitterでは、サイレント映画や英語学習についてつぶやいています。

チェックしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

https://twitter.com/tanupompom/status/1237345943936098311

コメント

  1. […] 『キートンの囚人13号』で前向き人生  […]

タイトルとURLをコピーしました