バスター・キートン短編映画全作紹介【1920‐1923】

映画の棚

先日、「バスター・キートンのオススメ映画【1920‐1923年】」という記事を書きました。

そこで今回は、順番が前後してしまいますが、1920-1923年に制作されたバスター・キートン監督主演の短編映画を紹介します。

1本20分程度なので、連休などの際にまとめて観ると「僕はバスター・キートンの短編を全部観たよ」と友人に自慢できます。※実際にはバスター・キートンが出演している短編映画はまだまだたくさんあります。ですが、特に有名なのは今回紹介する19本になります。

僕も「19本観たよ!」とつぶやいたら、自分的には結構な数の反応をいただきました。

前半では表形式で映画を紹介し、後半ではその中でもオススメの3本をお知らせします。

1920-1923年のキートン短編映画は19本

この表はwikipediaのBuster Keaton filmographyという項目を参考にしています。

公開年 原題 邦題 IMDb 紹介記事
1920 One Week 文化生活一週間 8.2 『キートンの文化生活一週間』で文化的な一週間を! 
1920 Convict 13 キートンの囚人13号 7.1 『キートンの囚人13号』で前向き人生 
1920 Neighbors キートンの隣同志 7.6 『キートンの隣同志』は 『衝撃の瞬間系』映画である! 
1920 The Scarecrow キートンのスケアクロウ 7.8
1921 The Haunted House キートンの化物屋敷 7.0
1921 Hard Luck 悪運 7.0
1921 The High Sign ハイサイン 7.6
1921 The Goat キートンの強盗騒動 7.7
1921 The Playhouse キートンの一人百役 7.5
1921 The Boat キートンの船出 7.1
1922 The Paleface キートンの酋長 6.9
1922 Cops キートンの警官騒動 7.6 『警官騒動』は『元気が出るテレビ』だ!?
1922 My Wife’s Relations キートン半殺し 6.6
1922 The Blacksmith キートンの鍛冶屋 6.9
1922 The Frozen North キートンの北極無宿 6.5
1922 The Electric House キートンの電気館 7.2
1922 Daydreams 成功成功 6.9
1923 The Balloonatic 空中結婚 6.7
1923 The Love Nest 捨小舟 6.9

おすすめは『キートンの電気館』『キートンの警官騒動』『文化生活一週間』

1920年から1923年の間に制作された映画の中でオススメなのは、『キートンの電気館』『キートンの警官騒動』『文化生活一週間』の作品です。理由はバスター・キートンのオススメ映画【1920‐1923年】に書いてあります。

Jerry’s Final Thoughts

バスター・キートン自らが監督・主演した短編映画19本を紹介しました。

どの作品も20分前後なので手軽に観られますし、なんといってもバスターのギャグが宝石箱のように詰め込まれています。

英語字幕が分からなくても十分に楽しめますが、どうしても不安な方は「バスター・キートン短編集 新訳版 [DVD]」のようなDVDでぜひ観てみてください。

※このDVDに収録されているのは『キートンの鍛冶屋』『キートンの船出』『キートンの酋長』『成功成功』です。

出典

  1. IMDb( Internet Movie Database)、(画像もこちら)
  2. Wikipedia
  3. Keaton, Buster (1960) 『My Wonderful World Of Slapstick』Kindle edition, Golden Springs Publishing.
  4. バスター・キートン(1997)『バスター・キートン自伝ーわが素晴らしきドタバタ喜劇の世界ー』(藤原敏史訳)、筑摩書房(3の邦訳)

SNSやってます

最後までお読みいただきありがとうございました。Twitterでは、サイレント映画や英語学習についてつぶやいています。

チェックしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました