バスター・キートンのオススメ映画【1920‐1923年】

映画の棚

「サイレント映画を観てみたい」
「日本語字幕無しで、英語の映画を楽しみたい」
「バスター・キートンのオススメの映画を知りたい」

そういった人のために、今回は僕の大好きなサイレント映画期の大コメディアン。バスター・キートンのオススメ短編映画を紹介します。

(バスター・キートン自身については、先日「人生の受け身」をバスター・キートンに学ぶ【生涯も解説】という記事を書きました。ご興味ありましたら、こちらもチェックしていただけると幸いです。)

1920年から1923年の間に制作された全19本の映画を観た上で、初めての人でも楽しめる極上の3作品をピックアップしました。

楽な姿勢で、リラックスしてお楽しみください。

バスター・キートンの短編作品を、3つの基準でおすすめ

1920年から1923年までの短編から選びました

1920年から1923年までに、バスターのプロダクションで制作された短編映画19本に絞っています。

この時期のバスターは、恩人のロスコー・アーバックルから独立して大変張り切っており、体力及び創造力がともに充実していました。

また、後に制作する長編映画よりも、荒唐無稽なギャグが多く観ていて単純に楽しいです。

さらに短編なので、1作品20分位の長さです。今回のオススメ3作品をすべて観ても、1時間ちょっと。サイレント映画が初めての人でも、気軽に楽しめます。

3つの基準

全19本の映画の中から、次の3つの基準で選びました。

  1. 英語字幕
  2. 背景知識
  3. ギャグ

簡単に説明します。

英語字幕

今回紹介する映画を、ぜひ英語学習中の人に観てもらいたくて、設定しました。

字幕の量だけではなく、字幕に書かれている英文の難易度も含みます。

背景知識

観客の笑いのツボは、時代と共に移り変わるもの。

21世紀に生きる我々が、背景知識が無くても楽しめるかどうかを判定します。

ギャグ

バスター・キートンのギャグの魅力は、なんといっても身体を張ったスタント。思わず何度もリピートしたくなるギャグか、という側面から判定します。

バスター・キートンおすすめ作品紹介

おまたせしました。いよいよオススメ作品の発表です。

おすすめ順3位から紹介します。IMDb評価は、2020年3月3日時点のものです。

3位『キートンの電気館』

原題:The Electric House
公開年:1922年
IMDb評価:7.2

  1. 英語字幕:★
  2. 背景知識:★★★
  3. ギャグ:★★
    ※3点満点。星が多いほど楽しみやすい

あらすじ:電気工学の学位を持っていると勘違いされたバスター氏。大金持ちの家を電化する工事を請け負ってしまいます。あんちょこのおかげで工事はなんとか成功。そこに、仕事を奪われた男がやってきて復讐を企みます。

Diploma(学位)という単語がわからないと、何が起きているのかわかりにくいかも。しかし家を電化するというテーマは現代にも通じるし、ギャグも分かりやすいものが多いです。

エスカレーターのギャグの時に、バスターは足を折ってしまったというエピソードもあります

https://youtu.be/a9bXV0ac1S4

2位『キートンの警官騒動』

原題:Cops
公開年:1922年
IMDb評価:7.6

  1. 英語字幕:★★
  2. 背景知識:★
  3. ギャグ:★★★
    ※3点満点。星が多いほど楽しみやすい

あらすじ:「大富豪とじゃないと、結婚しない!」と、のたまうお嬢さんに恋をしたバスター氏。道で財布を拾ったので、さあどうしよう。とりあえず家具を一式買い取り、物質的豊かさをアピールする作戦に出ました。家具一式を馬車に乗せたまではよかったものの、警察のパレードに遭遇してしまいます。

ラストの大追いかけっこは、日常生活のすべてを忘れて映像に没頭できます。ただし前半部分で馬に電話をするシーンや、馬に精力増強の手術をするシーンは背景知識が無いとわかりにくいかも知れません。(背景知識については『警官騒動』は『元気が出るテレビ』だ!?で解説しています)

ラストのブラックなオチも見ものなので、最後まで目が離せない一品です。

https://youtu.be/asEgQZhShLk

1位『文化生活一週間』

原題:One Week
公開年:1920年
IMDb評価:8.2

  1. 英語字幕:★★
  2. 背景知識:★★★
  3. ギャグ:★★★
    ※3点満点。星が多いほど楽しみやすい

あらすじ:素敵な女性と結婚式を挙げハッピーなバスター氏。結婚のお祝いに、組み立て式住宅をプレゼントされます。家を建てることが、最初の夫婦での共同作業。そこへかつての恋敵がやってきて、部品の番号を変えてしまうことから、物語は大波乱を迎えるのでした。

バスターが自身のプロダクションで公開した、最初の作品。多くのバスターファンの方もオススメしていますが、僕もその例に漏れません。なにせ僕自身、完成した家を一目見てからバスター映画が大好きになってしまった過去があるからです。

https://twitter.com/TomoMachi/status/130545484069740544?s=20
映画評論家の町山智浩氏もお好きだそうです

あらすじはとってもシンプルだし、特に背景知識も必要としません。それでいて、ギャグはどれも目を疑うようなものばかり。この記事を読んでくださった方は、せめてこの映画だけでも観てください。

なお映画を観た後で、『キートンの文化生活一週間』で文化的な一週間を!を読むと、さらに映画への理解が深まります。

https://youtu.be/5Q0FMxZBmO4

Jerry’s Final Thoughts

今回は1920年代初頭の短編作品に絞り、バスター・キートンのおすすめ映画を紹介しました。サイレント映画は、観る者の想像力を刺激してくれるもの。そしてバスター・キートンの映画は、思いも寄らないスタントを観せてくれるもの。

バスター・キートンの映画はとても人気があり、日本語字幕のついた商品もたくさんあります(例えば、『バスター・キートン短編集 新訳版 』)。気になる作品がありましたら、ぜひご覧になってみてください。

出典

  1. IMDb( Internet Movie Database)、(画像もこちら)
  2. Wikipedia
  3. Keaton, Buster (1960) 『My Wonderful World Of Slapstick』Kindle edition, Golden Springs Publishing.
  4. バスター・キートン(1997)『バスター・キートン自伝ーわが素晴らしきドタバタ喜劇の世界ー』(藤原敏史訳)、筑摩書房(3の邦訳)

SNSやってます

最後までお読みいただきありがとうございました。Twitterでは、サイレント映画や英語学習についてつぶやいています。

チェックしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

コメント

  1. […] 先日、「バスター・キートンのオススメ映画【1920‐1923年】」という記事を書きました。 […]

タイトルとURLをコピーしました